So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
東洋医学 ブログトップ

鍼治療は苦手の方も刺さない針―打鍼術は気に入られました [東洋医学]

肋間神経痛と腰痛 を訴えられて初診で御来院下さった方に
問診後の歪みチェック時に、御本人さんの歪みの状況を伝えて確認頂いた
ところ、「自身には理解できない」と、症状優先の方に有り勝ちなコメント

それでも御本人さんも、「予想外に凄く痛いね!」と肋骨の圧痛点を自覚されたので、
「この様な、知覚神経の過敏な痛みには、この皮内鍼はがお勧めですよ」
過敏点に 「痛くない鍼でしょ?」 と説明しながら皮内鍼施術をしましたところ、
「家族が鍼治療を受けて嫌な思い出があり、鍼は好きじゃないです」続けて
「痛い想いはしたくない、痛いのは御免です」 と言われました。

さらに腱賦活術にて、ゴリゴリにしこった部位にアプローチしたならば
「わざわざ痛い事されるのに、足を運びません」 との逃げ腰・・[右斜め下]
毎回、このブログでも説明しております様に、御本人さんの硬結、過緊張
シコッた腱などの状況が酷過ぎる事により、弾く刺激を強く受け止められる
事により、痛いと感じられる訳でして、弾かれて腱が緩んだなら、どんどん
心地よくなる筈なのですけれど・・・初診でこの方の様に硬直が酷過ぎると
このまま継続して緩むまでには、きらわれてしまうかな? 手段変更ですね


そこで、「これも、鍼ですけど、皮内鍼同様で刺さない痛くない鍼ですよ」

あえての鍼施術―打鍼術に切り替え、「痛いですか?」 とお聞きしたところ

「コレも鍼!? 気持ちもイイし、耳にする 音も感じイイね」

と、極力痛み回避の施術で開始して、初めて安心されて受けて頂けた
御様子でした。

筋肉が緩んで、ぎこちない動作がスムーズになった頃を見計らい、
原因の治療に取り掛かります。


この方の胸部や腰部の症状の原因が、「肋骨と骨盤の捻じれ」
と特定できましたので、その旨を伝えた上で、肋骨と骨盤を逆方向に捻じる
施術を行いましたら、楽に正座をして頂ける様になられました。

「さっきまでとは、正座した感じが全然違うね! これは解る」
いつも、正座をすると足が攣りそうになり、腰を伸ばせなかったそうです。
腰もスッキリしたといって喜んで頂けました。


◎院長考案のオリジナル療法
筋肉の強張り、関節が動かし難いなどの不具合に、[腱賦活術]
骨盤や肩甲骨の歪みを支える筋肉の調整によって行う、[筋出力整体]
神経痛、だるみ、自律神経のケアに最適な[筋ねじり調整]
[打鍼術] [皮内鍼施術] [テーピング施術]
など、といった多彩な施術法にて 改善に導いております。




お蔭様にて、オリジナル施術法―筋肉捻じり療法も商業出版となりました。
2018年3月29日発売 第2作目新刊
「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」ご一読下さい。

タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓










『指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ』
自由国民社刊

タイトルをクリックしていただくと、アマゾンページに飛びます。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福冨 章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






発売当初のアマゾンキャンペーンの特典画像はこちら↓








当院の〈アーチバランス整体〉〈腱賦活術〉は、健康保険の対象外となっております。




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕



当院ホームページ https://ma35.net/ 



masagogaikan.jpg 
  


 


[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード



[腱賦活術] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード





[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村



にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






BLOGGERSへ













医療系ブログのコレクション poche ブログランキング

▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼
 
 ★ 鍼灸マッサージ師等国民年金基金への ご加入のお願い

来る2019年4月 全国国民年金基金の設立に向けての準備が行われています。


鍼灸マッサージ師等国民年金基金へのご加入をお願い致します。

◆ 鍼灸マッサージ師等国民年金基金事務局

フリーダイヤル 0120-151289 ※土・日・祝日を除く午前9:00~午後5:00

FAX 03-3987-0105   
                       クリック ↓
                  http://www.hari-kyuu.org/

http://www.npfa.or.jp


     鍼灸マッサージ師等国民年金基金にて代議員理事を務めております
▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼◇◆▽▼




共通テーマ:健康

按摩とマッサージの本当の違いとは? -按摩本来の姿と魅力を発掘する [東洋医学]

あん摩と マッサージの違いって分かりますか?

専門学校では 皮膚に直接するのがマッサージ、衣服の上からするのが あん摩。
手先・足先から中枢に向かって行うのがマッサージ、中枢から末梢に行うのがあん摩
と習いました。
さらに、受者に対面して行うのがマッサージ、背後から行うのがあん摩 
と教わった記憶があります。

しかし、ここで言われるのは、明治以降により作られた「あん摩
であって、東洋医学に基づいた本来の「按摩術」には
必ずしも当てはまりません。

そもそも あん摩もマッサージも、東洋医学と誤解されているきらいがありますが、
その生まれも内容も大きく違うのです。
按摩は古代の中国で誕生し、日本に伝来したもので、「按」は「おさえること」、
「摩」は「なでること」を意味し、東洋医学の基本理念である「虚実(きょじつ)」
に基づき按と摩の使い分けを行い、気血を整えて疾病を治癒に導く医術です

そのほか、人によってやり方考え方は違うものの、
1 腹部の按摩を重視している
2 スジ揉みとして、筋腱のコリ・シコリを緩めることを主眼とする
などの特徴がみられます。

一方、マッサージはフランスで生まれで、明治時代に、
軍医・橋本乗晃が日本に持ちんだ施術方法です。
同じような手技ですが、マッサージはオイルやクリーム・パウダーを使って
皮膚に直接行い、血液やリンパの流れの改善などを目的としています。

私たち治療師はもちろん、世間一般が認識している「あんま」のイメージは、
明治政府の政策により作られた「あん摩」のイメージです

江戸時代には、盲人や職の無い者が慰安や娯楽目的で行う「あんま」と、
診断と治療の技術を併せ持つ 医術としての按摩術がありました。
娯楽のあんまと区別する為に、『導引按蹻』と名乗っていた様です。
導引とは、「筋骨を揺るがし、支節を動かすこと」です。

明治維新において、明治政府は文明開化の名のもとに、
江戸幕府の痕跡を消そうとします
東洋医学は禁止され、それに代って西洋医学が中心となりました。
手技療法も按摩に変わってマッサージが主流となります。

ただ、視覚障害者の生業として、江戸時代に慰安娯楽目的で行われていた
「あんま」のみが許されました。
これにより、あんま の名前のみは生き延びる形となりましたが、
その後の『あん摩』のイメージが良いもので無くなりました。

マッサージ、指圧の下に格付けされる運命を辿る事になったのです。

私も出版する時に初めて知りましたが、出版業界ではあんまという言葉は
差別用語として使わず、マッサージという言葉に置き換える慣習に
なっているらしいのです。

その後、あん摩マッサージ師の資格制度化が持ちあがった時も、東洋医学の
診療と技術を持つ高いレベルの古法按摩術は、西洋医学の「循環障害の回復学説」に
無理やり取り込まれ、西洋医学のマッサージと統合されてしまい、
あん摩マッサージ』という形になってしまっております。

私が、五十肩や腱鞘炎になった時、自分で行って効果があったのは、
マッサージでも整体でもなく、和医学として20年前に教わった古法按摩の
一手法『解釈の術』でした。

解釈の術とは“凝結、屈曲、攣急するところを、指頭にて弦を弾くように
筋線維に対して垂直に弾く術です
『解釈の術』は、現在の『あん摩マッサージ』の揉捏法の元になったものである
と教科書には書かれていますが、江戸時代の文献『按腹図解』を読むと、
やり方も効果も別物です。


又、『解釈の術』『調摩の術』と共に、『利関の術』を基本手技の一つとして
いることから、筋肉だけでなく関節へのアプローチも取り入れている手技です。
筋に対する作用としては、血行を良くし栄養を高め、収縮力、弾力性を増す
補的作用と、筋萎縮、痙攣を取り除く寫的作用があります。
これらの作用により、関節の可動域を広げて滑らかにすると共に、
関節の拘縮を取り除き、腱、靱帯の癒着を取り除き、関節の変形を予防します。

又、この本の挿絵を見るに、背後から行うのが按摩であった筈なのに、
対面で行われております
しかも袖をまくって皮膚に直接行っています

按摩.jpg


『按腹図解』の「療術図解」では、確かに
中枢より末梢にと施術をするように 書かれていますが、
『導引口訣鈔』の「養生按摩の訓」では、
左足小指の端より上がり膝蓋、大腿、股関節、腰 というように
末梢から中枢に向かい施術法が書かれています

これらの事から、教科書に書かれているあん摩とマッサージの違いは
その本質によるものでなく、後世に形式的にその区別をつけたものに
過ぎ無いといえます。

按摩手引』の補法と瀉法の手法の使い分け、
『按腹図解』の筋腹には押圧、腱には腱をはじく解釈の術との手法の
使い分け等 そのレベルの高さは現在のあん摩マッサージは足元にも及びません。

さらに『導引口訣鈔』では、シコリを分類し、それぞれの緩め方が 書かれています
古法按摩では、関節周りのシコリや腹部の硬結を「邪」として、
病の原因としてその解除する方法が研究されていたようです。

驚かされるのは、『按摩手引』の中で、江戸の街中ではストレスを感じる
ことが多く、それにより気が滞り病を起こすことが指摘され、
みぞおちの気の滞りを散らす秘法なども記されていることです。



私は、著書『指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術から生まれた凄ワザ
の中で、現代病ともいえるパソコン・スマホの使い過ぎ症状
古法按摩の解釈の術がよく効く事を書きました。

そのほかにも、 古法按摩には現代人を癒す秘術が満載です。

研究を続け、また機会があれば発表したいと思っています。
そして、歴史の中で捻じ曲げられた「按摩」の誤解を解き
その魅力を世に伝えたいと考えています

指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術から生まれた凄ワザ』には、
江戸の按摩術を応用した、現代病に効く『セルフ腱はじき』が満載です。

タイトルをクリックしていただくと、アマゾンページに飛びます↓


指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福冨 章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



柔整の日 大阪会場のイベント情報です!ぜひ会場に足をお運びください!

2016.jpg

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき
当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル
「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。

タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓








当院の〈アーチバランス整体〉〈腱賦活術〉は、健康保険の対象外となっております。





岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕


当院ホームページ http://ma35.net/

http://ken-fukatsu.suuhun.com 



masagogaikan.jpg  
 


 

[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード



[腱賦活術] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード





[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





banners01.gif



BLOGGERSへ






>






医療系ブログのコレクション poche ブログランキング



共通テーマ:健康

NHK「“肩こり解消”で思わぬ被害」―マッサージと按摩が混同されているのも一因かも? [東洋医学]

昨日19:30~19:56にNHKで放送された「クローズアップ現代」にて、
「“肩こり解消”で思わぬ被害」が放送されました。

パソコン・タブレット・スマホの操作、車の運転 等で、同じ体勢や同じ動作を
繰り返す事が多くなりました。
それに伴い、首や肩のこり・腰の痛みの症状を抱える人が増え、
マッサージや整体、リラクゼーション等は 番組でもブームと言われる程
施術を受けられる人が増えています。

番組によると、昨今、健康被害が全国で相次いでおり、
国民生活センターへの相談はこの9年間で9000件以上、
特に、脊髄損傷や肋骨骨折といった重篤なケースが増えているそうです。

肩こりを治す為に、腕を二人がかりで体重を掛けて押さえられて
腕全体が紫色に腫れあがった人、
頚椎のトラスト(首を急激に捻じって衝撃を加える)を受けて、脊髄損傷が発生し、
手足の痺れと痛みのため動かす事がままならなくなり、仕事も辞め
日常生活にも支障をきたす様になった方の例が放映されました。

「どんな刺激をしたらこんなになるのか?」と不思議に思う位のひどい状況で、
目を背けたくなるほどのショッキングなものでした。

背景には、整体やリラクゼーション等には国家資格が存在しない為
基礎的知識が足りない人でも施術ができる事、免許が必要な接骨院などでも
規制緩和で店舗が13万カ所まで拡大、技量不足の施術者の増加を招いている
事 等がその理由として挙げられていました。
(本当は、整体の手法は指圧の業務範囲に含まれる筈ですが・・・)

私は、現在の日本での「マッサージ」の次の2つに代表される
間違った認識が根底にあるのでは? と考えています。

1 マッサージは東洋医学に基づいた治療法である。伝統的な治療法である。

2 マッサージは何にでも効く、手でする事なのでリスクが無い。
 素人でも家庭でも手軽にできる。

ところで、マッサージはどこの国の発祥かを ご存知でしょうか?
鍼灸や按摩と一緒に東洋医学系の養成学校で教えられ免許が取得でき、
施術所においてもこれらと併用して行われる為、ふとした話から
大抵の方が、マッサージは東洋医学的なイメージを持っている事が解ります。

しかし、実はフランスで生まれた『マッサージュ』が起源と言われます。
16世紀後半、フランスの医師アムグロアスバレーが、マッサージの効能や方法を
研究し、その効果を発表し、医療法として広まっていったとされます。

日本にマッサージをもたらしたのは、明治時代の軍医である橋本乗晃が
フランスのマッサージを視察し、研究したのち、医療法の一つとして導入したと
云われています。

日本においては元々
診断と治療の両者を併せて持つ、高レベルの漢方医術
としての按摩が用いられていましたが、明治政府が江戸幕府の痕跡を
消し去ろうとし、それまでの医学の基盤とされた東洋医学を排除しようとする
動きがみられました。
その一環として 按摩に似ていたマッサージを按摩にとって変え、
日本の手技の主流とさせました。

一方で明治政府は、盲人や職の無い人達が行っていた娯楽・慰安としてのあんまを、
盲学校の職業教育に取り入れ、視覚障害者の方の生業としました。

マッサージは、筋腹を中心に行い、循環器系、リンパ系を調節する
手技が主体であった為、血液・リンパを流す様にできています

それに対して、江戸時代の按摩術は、マッサージの軽擦法によく似た調摩の術の他、
「スジ揉み」と云われていた様に、
スジー腱や靭帯のコリ・シコリを緩める手法があった事が、
文献から 知る事ができます。

私が、施術に用いており、初めての著書のテーマにもなった
腱を弾く手法」は、江戸時代の按摩術の「解釈の術
という手法を応用したものです。 解釈とは、ときほぐすという意味です。

戦後、あん摩マッサージ指圧師の資格制度にとりまとめる時、マッサージという
名のもとに、古法按摩の「スジ揉み」を合体させ、「解釈の術」から生まれたという
揉捏法を取り入れました。

これが、現在のあんまマッサージが、マッサージの本来の目的になかった筈の
按摩由来の揉んでほぐす要素を持つ所以です。

この時、マッサージは筋肉の真ん中の部分をさする手技が主体だった為、
本来スジ(腱)に行う筈であった按摩の手法を筋肉の真ん中にも行う様になって
しまったのです。
さらに、患者さんの心地良さを求めるのに応じるあまり
解釈の術の直線的な動きは、揉みこねる方法(揉捏法)へと、
やり方も変わっていってしまった様です。

ふくらはぎに代表される筋腹は、ストローなような筋繊維の束が薄い膜の中に
充填されています。
柔らかくとてもデリケートで、揉みこねる事で損傷し易い
です。

加えて、筋腹には、筋肉に力を付けるセンサーしかない為
筋肉の緊張を緩めるのには適さず、力尽くで緩める形になってしまう為、
問題が起き易いのです。

それに対して腱は、
硬くて弾力のある丈夫なコラーゲン繊維でできている為
細長いのに、押さえても指が跳ね返される位 頑丈です。
その為、腱に対しては、腱に沿って引き伸ばすストレッチ刺激や
腱に対して垂直に弾く刺激がやり易く、かつ、よく効くのです。
少し強めの刺激でも大丈夫です

さらに、腱には、筋肉の張力を感知するセンサー〔コリ取りセンサー〕があり、
脳から筋肉の張力を緩める指令が送られる為、筋肉の緊張を緩めるには
とても適しているのです。

ただ、損傷した腱に行う場合は、細心の注意をする必要性は感じています。

専門学校時代の数十年前の記憶にてなので、現在は解りませんが
残念ながら、このようなマッサージや按摩の歴史や本来の目的や方法について
の教育は、あん摩マッサージ師の養成学校でも 教わった記憶がありません・・

マッサージと按摩という、歴史も内容、目的を違うものを
強引に結合させて制度化し、教育の場で『あん摩マッサージ』として
教えられている為だと考えます。

これからは、本来のマッサージと按摩術の知識を治療する側が持ち、
それぞれの特徴を活かせる様に使い分けていく必要があるのでは?

又、後療法として、マッサージを行う事の多い柔道整復師も、
マッサージと按摩術を使い分け、関節の動き難い傷病には、
関節に付着する腱の硬直を緩める古法按摩〔腱弾き〕
取り入れる方向にしていけば、効果も高くなり、
慰安的要素の強いマッサージとの区別もハッキリして、
柔道整復師の存在価値も高まるのではないか? とも思うのですが・・・


詳しくは、私の著書
指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術から生まれた凄ワザ』をご覧ください。

『指ではじくだけで肩の痛みが治る!』 表紙帯つき.jpg

タイトルをクリックしていただくと、アマゾンページに飛びます↓

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福冨 章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき
当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル
「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。

タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓











当院の〈アーチバランス整体〉〈腱賦活術〉は、健康保険の対象外となっております。




 

岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕


当院ホームページ http://ma35.net/

http://ken-fukatsu.suuhun.com 



masagogaikan.jpg 

 

[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード


[腱賦活術] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード




[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



banners01.gif


BLOGGERSへ




>





医療系ブログのコレクション poche ブログランキング




共通テーマ:健康

江戸時代の腱を弾く施術法―古法按摩【解釈の術】と【腱引き】 [東洋医学]

私の著書「指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ」は、
江戸時代の古法按摩について記した書物、太田晋斎著「按腹図解」のなかに
利関の術」「調摩の術」とともに三術ありとして紹介されている
解釈の術」を元に改良し進化した方法をセルフで行えるメソッドを
満載した本です。

『指ではじくだけで肩の痛みが治る!』 表紙帯つき.jpg


解釈とは、「解きほぐす、解き放つ」という意味で、スジや皮膚、筋肉が凝るか
引き攣るものを解いて和らげる方法です

「按腹図解」には、「その術は、凝結、屈曲又は攣急かと見識得て、指頭にて
図の如く横に弾くこと、婦女子の三絃を弾(ひ)くに、その線を指頭にかけて
軽く弾(はじ)くが如くなす」とそのやり方が記載されています。

弾く」という言葉は、「はじく」とも「ひく」とも読めますね。

古法按摩は医術としての東洋医学であった為、現在のあん摩マッサージと違い、
経絡の虚実を整える目的で「補瀉」を使い分けていたと言われます。

補瀉とは、刺激の強弱や方向、または呼吸などのことで、
私も「筋肉の緊張(実)を緩め」「弛緩(虚)に力を付ける
ために、刺激を使い分けて弾(はじ)いていきます。
その為、症状を緩和しながら、体の歪みも調整していくのが特徴です

もうひとつ、よく似たものに古武術、柔術家の活法としとて用いられ、伝承されてた
腱引き」があります。こちらも、「腱弾(び)き」をもとに生まれたものと思われ、
急性の外傷に対応すべくアレンジされたものと考えられます

格闘中、稽古中に発生する怪我に対応する為、短時間に行う強刺激であり、
補瀉を使い分ける等の繊細な刺激ではなかった様です。

江渡時代には、あんまが、慰安娯楽であることを嘆いた人達が、素問霊枢から
研究を重ね研究したのに加え、中国の古法按摩を体得している明の澄相公
長崎に来日したのを機に、大久保道古等がこれに習い、弟子たちに広まったと
言われます。

これらの人たちの功績により、古法按摩も医学としての按摩の地位を築き、
古法按摩の腱弾(び)きを習得した武術家・柔術家が、活法としての「腱引き」を
確立したと思われます。
江戸時代の按摩を行なう者は、骨折脱臼の整復法、包帯法も習得していたと云われ、
今でいう柔道整復師の仕事も兼ねていたようです。
そのため、武術家・柔術家も按摩師に指南したと考えられる訳です。

「古法按摩」と「腱引き」という江戸時代の施術は、明治政府によって
その痕跡を消され、秘術・秘技として細々と伝承されました。

しかしこれらが、パソコンやスマホの使い過ぎによる現代人の傷病の改善に威力を
発揮していることを、この本にて少しでもわかって頂きたいと思っております。


詳しくは、私の初めての著書「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」をご覧ください。
 本のタイトルをクリックすると、アマゾンページに飛べます!          
        ↓

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福冨 章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



期間中にアマゾンにて本を購入して頂くと、セルフ腱はじきの実際を収録した
動画をもれなくプレゼントします。

プレゼントの応募はアマゾンキャンペーンページから
→ http://www.amazon-campaign.com/ken-fukatsu/

東京の 高田馬場の芳林堂さま、新宿紀伊國屋さま 
田町駅前の虎ノ門書店さま(↓写真)で平積みして頂いております。

田町駅前、虎ノ門書店IMG_4144.JPG


岐阜高島屋 自由書房さまで平積みして頂いております。
DSC_0115.JPG

DSC_0114.JPG

岐阜 三省堂 様でも平積みしていただいております
DSC09392.JPG

岐阜アピタ books IKEDA様でも平積みしていただいております。
PC190112 - コピー.JPG

各書店様のご厚意に感謝!感謝!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき
当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル
「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。

タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓











当院の〈アーチバランス整体〉〈腱賦活術〉は、健康保険の対象外となっております。






岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕


当院ホームページ http://ma35.net/

http://ken-fukatsu.suuhun.com 



masagogaikan.jpg
 


 

[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード



[腱賦活術] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード





[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





banners01.gif



BLOGGERSへ






>






医療系ブログのコレクション poche ブログランキング



共通テーマ:健康

冷え性の方は 冷たいものがお好き? [東洋医学]

ここ何年来にわたり継続来院頂いております、寒がりの患者さんがみえます。

年間通して、冬は勿論、夏場でも超寒がりとの事で、治療室のエアコンの設定温度
にも 特に 気遣っていた方なのです。

ところが、夏場は暑いので「毎日の様にかき氷やアイスクリームを食べている」
と、初めて、嗜好品のカミングアウトを、お聞きし、衝撃を受けた次第です↷

体感温度は低め好きでも、口にする物は、冷たい物や乳製品・生ものは避けている
と言われておられる方もおられますし、
この方の様に、異常な寒がり屋さんの方でも、口にする冷たい物では
体調に及ぼす不調は 特に 認められた事の無い方もおられるのです・・

たぶん、身体が、頭寒足熱の逆の状態になっていると思われます。

別の 自称-暑がり- の方は、
「左の背中が強烈に痛くなって座っていられない位」との事。

数回治療しましたが、

「治療した後は楽になるけど、暫くすると また痛くなる、しかも痛い日と
そうでない日の波がある」 との お話しでした。

この方の場合は、「胃の裏が痛くなる」 と訴えられた日へと遡っていくと
暑い日ばかりと気付き、再度、詳しい問診をした事で解決策が判明したのです。

暑い日は、いつも氷をカリカリ噛みながら仕事をして、冷蔵庫で冷やした
麦茶に氷をたくさん入れて飲んでおられたそうです。一気には無理なので
とりあえず この習慣を半分にして貰ったら、痛みは半分以下に減り、
通院の必要は無くなったようです。

この方は、後に「そういえば心拍数も正常値を越えていると指摘を受けていた」
と思い出され、心臓が一生懸命働いて、体温を維持していた事も窺い知りました。


この様に、寒がり 暑がりの、全く違う体感のタイプの方であっても
口にされる物は、口当たりや喉ごしの良い物であったりされるので
問診の正確性を、反省と痛感する次第です。



当院の〈アーチバランス整体〉〈腱はじき術〉は、健康保険の対象外となっております。





☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

〔指ではじくだけで肩の痛みが治る!専用ホームページ〕 http://ken-fukatsu.suuhun.com/

どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき 当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。 タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓




     岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕
      当院ホームページ  http://ma35.net/

masagogaikan.jpg

 
[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード

 
[腱はじき] ブログ村キーワード
[反射療法] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード

 

 
[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

  にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  人気ブログランキングへ

 

人気ブログランキングへ



  banners01.gif

  BLOGGERSへ


  医療系ブログのコレクション poche ブログランキング

nice!(36) 
共通テーマ:健康

筋腹へのマッサージと 腱賦活術 [東洋医学]

小学生の頃、足が攣った時、祖母や母からよく、
ふくらはぎを揉んだら熱が出るよ!」
と注意を受けた記憶があります。
多分、自分か身内、又は知り合いにその様な例が有ったのだと思います。

その本当の意味が、治療師になって20年以上経ってようやく解ってきました。

ふくらはぎとは下腿三頭筋・ヒラメ筋の筋腹になります。
筋腹は揉んでも足の攣りは取れませんし、
グリグリ強く揉む事で自律神経に間違った刺激が入りやすく
失敗するとそのバランスを狂わせます
その結果、眩暈や頭痛、微熱などの自律神経症状
が起きてきます。

逆に、軽擦法等で、筋肉の流れに逆らわず、血液やリンパを
流してやると、自律神経が整います。
テレビや雑誌で紹介されて、巷で流行った『ふくらはぎのマッサージ』は、
冷え性、高血圧、頭痛、眩暈、耳鳴り、むくみに効果があった
という声が寄せられたそうです。
 
これには、「根拠がない」という意見もあるようですが、
皮膚へのマッサージ刺激により自律神経系は整うと思います。
「乾布摩擦」が風邪予防に効果があると云われてきたように、
経験医学がそう教えてくれるものです。

ところが、そんなマッサージも、
腰痛や四十肩、腱鞘炎、膝関節症などに効果があったという声は少ない様です

私が行っている『腱賦活術』は、一見マッサージに似ていますが、
筋腹を使わず筋肉の両端のという部位のみを施術対象にします。

腱は、関節を構成する骨に付着する部位で、この腱によって関節や指は動きます
腱は、パソコン・スマホ操作に代表される、繰り返し動作や
同じポジションを続ける等の行為により、
痙攣を起こして関節の動きに支障をきたし易くなります。

従って、“腱を弾く”という手法は、肩甲骨や骨盤を固定して手先や足先を動かす、
ディスクワークやドライバーの方の、痛みや関節の動きの制限にとても効果があります

腱を弾く手技として江戸時代に存在していました、
古法按摩の手技に見られる『解釈の術』と
云われるものがあります。
解釈とは「解きほぐす、解き放つ」という意味を持っています。

文政10年(1827年)太田晋斎により著わされた
按腹図解』の中の「家法導引の術」に
利関の術(運動法)、調摩の術(軽擦法)と共に三術ありとして紹介され、
その方法は
婦女子などの三絃を弾くに、其の線を指頭にかけて軽く弾くが如くなす」と
書かれています。 正に、『腱弾き』ですね。

婦女子というのは、力仕事をする旦那や男衆と違い、
同じ体勢で縫い物や手作業の内職をする事が多かった奥さんに
よく見られた症状という事でしょう。

その頃のやり方は詳しくは伝承されておりませんが、
攣急する筋を指で弾く手技という事で、
昔から痙攣を解く方法として腱を弾く手法が用いられていた事になります

私が想像するに、痙攣を解く目的なら当初は 
私が行う様に真横への動きのみだったのが、気持ち良さを追求するあまり、
往復動かし、輪状に回し捏ねる現在の方法となり、
この腱の痙攣を解く手法は消えてしまったと思われます

又、古法按摩は、経絡の気の虚実を整える目的で
補瀉』を使い分けていたと云われます。
補瀉とは、刺激の強弱や方向、又は呼吸などで、
実するものは瀉し、虚するものは補す
という考えで、
筋肉が緊張している場合は緩め、緩んでいる場合は力をつける
という私の考えと同じになります。

私の行う『腱賦活術』も経絡という概念は無いものの、
筋肉の弛緩(虚)緊張(実)に応じてこれらの補瀉を使い分ける うえで、
江戸時代の考えがとても参考になりました。

この様に、
筋腹と腱とでは、刺激する方法も、効果が期待できる傷病も違ってきます
どちらがより効くというのではなく、使い分ける事が大切ですね。





当院の〈手足のアーチ整体〉や〈腱はじき術〉は、健康保険の対象外です。





☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

〔指ではじくだけで肩の痛みが治る!専用ホームページ〕 http://ken-fukatsu.suuhun.com/

どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき 当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。 タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓




     岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕
      当院ホームページ  http://ma35.net/

masagogaikan.jpg

 
[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード

 
[腱はじき] ブログ村キーワード
[反射療法] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード

 

 
[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

  にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  人気ブログランキングへ

 

人気ブログランキングへ



  banners01.gif

  BLOGGERSへ


  医療系ブログのコレクション poche ブログランキング

nice!(24) 
共通テーマ:健康

後谿 と 合谷 [東洋医学]

先日、東洋医学―漢方薬や鍼による治療―を、診療に取り入れておられ、
地域で有名な医師の先生が 奥様と一緒に来院して下さいました

奥様の歪みの観察を一緒にして頂き、施術も見学され、私の説明にも
耳を貸して頂け、共感して頂けた様でした。

合谷・後谿への刺鍼を多く取り入れる事で
神経痛や関節症 等 に優れた効果を得られる事を治療の合間にお話して頂け、
初対面にも拘らず、
「これらの刺鍼は、色々な疾患に良く効くから 使うと良いよ」 
との御指導まで頂けました。

この、二つの取穴を聞いて、先生の行っておられている施術と、
私の行う[手のアーチの調整]とは、理論、方法は違っても、
治効作用機転はほぼ同じである様に感じました。 

後谿は、解剖学的には小指外転筋です。

小指外転筋が緊張すると、小指と環指の間が広がり中手骨のアーチが潰れます
同様に長母指外転筋も、緊張すると拇指と示指の間が広がります

合谷は、骨間筋ですので、
母指外転筋群・内転筋のバランスにより発生する
母指と示指の間隔の大小により、緊張・弛緩側が起きてきます。


即ち、後谿 と 合谷 は手のアーチに関わるツボでと云える為、
これらの調整により、手の広がりが調整され、アーチバランスが整います

これらのツボを調整し、アーチバランスを調整する事で、重心バランスの異常
による歪みによる症状は 改善される訳です。

これらの調整において、
手足のアーチに関わる肩・肘関節、顎関節、股関節、腰仙関節等の
バランスが整い、
それらの歪みが起因する症状が改善されるという私の考え が、
的外れでは無いと 先生とお話し頂いた御縁により 確信を持つ事が確信でき
とても 嬉しく 心強く思えました。







☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

〔指ではじくだけで肩の痛みが治る!専用ホームページ〕 http://ken-fukatsu.suuhun.com/

どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

 

     岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕
      当院ホームページ  http://ma35.net/

masagogaikan.jpg

 
[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード

 
[腱はじき] ブログ村キーワード
[反射療法] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード

 

 
[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

  にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  人気ブログランキングへ

 

人気ブログランキングへ



  banners01.gif

  BLOGGERSへ




[筋緊張] ブログ村キーワード
[肩関節] ブログ村キーワード
[上腕二頭筋] ブログ村キーワード
[三頭筋] ブログ村キーワード
[肘関節] ブログ村キーワード    
[腸骨] ブログ村キーワード
[足関節] ブログ村キーワード
[左膝] ブログ村キーワード
[右膝] ブログ村キーワード
[体のゆがみ] ブログ村キーワード
[肘関節] ブログ村キーワード

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

活法と 武道医学 [東洋医学]

活法とは 武術において 
表技である 殺法に対して、裏ワザである蘇生・治療を目的とするもので  
各流派ごとに開発されて 秘伝として口伝により 継承されました。

活法には、仮死状態にある者の 蘇生術と 急性外傷に対する
応急処置・治療を行う医術 に分けられます。

急性外傷に対する応急処置・治療を行う医術には、骨折・脱臼など 
骨の損傷に対する整骨法、筋・腱などの軟部組織の損傷に対する
腱引き法・柔軟法の他、湿布・薬草を用いた薬法
などがあります。


活法は筋肉や骨格を瞬時に矯正する事ができます。
基本的に、呼吸やタイミング、力学的作用を用いて、無理な力を
使わずに行います。

活法の特徴としては、先ず即効性があげられます。
武術においての負傷に用いられる様に考えられた方法の為、
いかに早く立ち直らせて、戦える体に戻すかが重要であった筈です。

症状を軽くし、動ける体に戻すのが 活法の目的である為、
〝根本から治す〟という事は考える必要性は無かったのです。


次の特徴は、どこでも、どの様な体勢でも速やかにできる技術
である事です。場所を選ばず簡単である事が重要となります。


活法には幾つかの流派があり、その流派ごとに秘伝として口伝で継承
されているとの事です。即ち、一子相伝の技術なのです。
その為、詳細が書かれた 書物はあまり無いのです。

明治時代以降、西洋医学絶対の思想が広まり定着した為、
活法は存続の危機に瀕しましたが、指圧・柔道整復・腱引き・整体 
その他の民間療法に形を変えて生き残っています。

そのうち、国家資格として法制化されたものとしては、
指圧・柔道整復があげられます。

指圧の手技のなかで衝圧法には、武術の活法的
な要素が窺えます。

柔道整復師が行う業務は、元々は 柔術の裏技である活法を利用して、
骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷に対して施術を行うものでした。

柔道は明治時代に、嘉納治五郎先生が起倒流、天神真楊流柔術を基に
講道館柔道を 『知育・徳育・体育』の教育の為に創られました。

その元流の一つである『天神真楊流』は『楊心流』の系統で、
楊心流では、相手を倒す為の『殺法』と、痛めた人を治す為の『活法』
の両方を修得するのが特徴です。
その中の活法の一部に整骨法がありました。
『天神真楊流』は『楊心流』と『真之神流』を合せたもので、
四巻の伝書が作られ、打ち身・捻挫の治療法・薬方は地之巻
脱臼・骨折の整復・切り傷の治療法は天之巻
の免許皆伝が与えられました。

この様な経緯で 江戸期には 武術・柔術家、按摩師、医師により 
整骨術、接骨術として確立され 整骨 接骨・正骨・ほねつぎ として
存在し、国民医療の担い手となっていたのでした。

嘉納治五郎先生は 柔道師範が 整骨・接骨を 生活の為の生業として
行う事を提唱され、大正九年に 『柔道整復』として 
医療の一つに加えられる事になります。

ここで『柔道整復』として用いられた〔活法〕は、整骨・接骨の骨法であり、
同じく柔術家において 筋肉・腱の損傷時の〔活法〕として用いられていた 
『腱引き』は 外されました。

『腱引き』は、仙台の『柳生心眼流』という柔術に伝わる 
活法で、筋腱が損傷すると、固まって硬くなり関節の動きが悪くなったものを 
劇的に改善する秘法でした。

即ち、『柔道整復術』には骨折・脱臼などの骨の損傷を整復する 
武術の活法は生かされましたが、
筋腱の損傷の整復法は『柔道整復術』として取り入られなかったのです。

その為、整形外科が骨折・脱臼治療の殆んどを行っている現在、
柔術の〔活法〕が捻挫・挫傷・打撲の整復・施療に生かされる事は無く、
捻挫・挫傷の施術としてはマッサージがその中心として行われている
現状なのです。

私が行っている『腱はじき術』は、『手技研』に伝わる
手法を基に、自らの五十肩を実験台として研究し、 
臨床を重ねながら 進化させたものです。

関節が動き難くなったり、動かして痛い時には、驚くほど効果があります。

しかし、整体・指圧など 色々な施術法のルーツを辿ると、武術の活法に
行きつく事が多い事から考えて、元々は 柔術の活法として用いられていた
手法を元にしているのかも知れません。

私は、柔道整復の施術は、柔術の活法が源流である事を踏まえ、
マッサージでなく、日本の伝統的手法にも 目を向けるべきである
と思います。






☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

〔指ではじくだけで肩の痛みが治る!専用ホームページ〕 http://ken-fukatsu.suuhun.com/

どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

 

     岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕
      当院ホームページ  http://ma35.net/

masagogaikan.jpg

 
[福富] ブログ村キーワード
[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード

 
[腱はじき] ブログ村キーワード
[反射療法] ブログ村キーワード
[テーピング] ブログ村キーワード

 

 
[鍼灸整骨院] ブログ村キーワード
[治療院] ブログ村キーワード
[整体院] ブログ村キーワード

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

  にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

  人気ブログランキングへ

 

人気ブログランキングへ



  banners01.gif

  BLOGGERSへ  

[医療技術] ブログ村キーワード [切り傷] ブログ村キーワード [嘉納治五郎] ブログ村キーワード [武術] ブログ村キーワード [国家資格] ブログ村キーワード [裏ワザ] ブログ村キーワード [手法] ブログ村キーワード [負傷] ブログ村キーワード [打撲] ブログ村キーワード [足関節捻挫] ブログ村キーワード [足首の捻挫] ブログ村キーワード [頚椎捻挫] ブログ村キーワード [むち打ち症] ブログ村キーワード [手関節捻挫] ブログ村キーワード [手首骨折] ブログ村キーワード [肩鎖関節脱臼] ブログ村キーワード [鎖骨骨折] ブログ村キーワード [肉離れ] ブログ村キーワード [突き指] ブログ村キーワード [関節のズレ] ブログ村キーワード [動けない] ブログ村キーワード [動作] ブログ村キーワード [関節技] ブログ村キーワード [専門家] ブログ村キーワード [自費診療] ブログ村キーワード [保険適応] ブログ村キーワード

nice!(1) 
共通テーマ:健康
東洋医学 ブログトップ