So-net無料ブログ作成

「骨盤の開き」には3パターンある [オリジナル理論]

【骨盤が開く】というのには、3つのパターンがあります。

1 坐骨が横に開き、太ももの骨の突起(大転子)が横に突出するタイプ

出産時に、骨盤が開く形で、一番イメージされる骨盤の開きです。
勿論、出産に関係の無い年齢にも見られますが、女性に多い様です。

1記事〔イラスト1〕.jpg


inflare.jpg

2 腸骨が横に開いて骨盤の上方が広がる
outflare.jpg


3 腸骨が後ろに倒れて下がる
ee33c13f.jpg

重心の掛り方でいうと、1と2は内・外の重心の掛り方によるもので、

1の坐骨が開く人は、足の内側に重心が掛るタイプです。
立位や仰臥位で、左右の爪先が平行か、爪先がハの字に閉じている人です。

1記事〔写真1〕.JPG


骨盤の横が張り出して、所謂、洋ナシ体型になり、下半身デブになり易い
パターンです。
膝の内側、足首の内側に負担が掛かり、膝の軟骨の変形や足首の内側の骨の
変形が起き易くなります。

ペタンコ座り=アヒル座りが原因と言われていますが、このタイプは、
この様な、太ももを内に捻じる座り方をすると楽なタイプです


2の腸骨が開く人は、足の外側に重心が掛るタイプです。
立位や仰臥位で、左右の爪先が外を向き、爪先がVの字に開いている人です。

1記事〔写真2〕.JPG


ウエストが広がり、がに股になり、腰が反り お腹がポッコリと出ます。
膝の外側、足首の外側に負担が掛かり痛みが起き易いほか、
反り腰による腰痛もみられます。

太ももを外側に捻じる筋肉が緊張します。

3の骨盤が後ろ倒しに下がる人は、へっぴり腰になり踵に重心が掛かります

前後の重心のカテゴリーの、後ろ重心タイプです
お腹を出して、膝を曲げた立ち方となり、猫背になります。

背骨を前後に支える筋肉のうち、前側の屈筋が緊張する為、膝立ちをすると、
前方にバランスを崩します。
4記事 〔写真5〕 ブログ.jpg

【骨盤が開く】 と一言で言っても、
それぞれのタイプ別の治療法、セルフケアの方法が必要となるのです。




重心については、
詳しくは拙著

『指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ』
をご覧ください。

タイトルをクリックしていただくと、アマゾンページに飛びます!

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福冨 章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき
当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル
「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。

タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓









当院の〈アーチバランス整体〉〈腱賦活術〉は、健康保険の対象外となっております。




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕

当院ホームページ https://ma35.net/ 



masagogaikan.jpg 
  



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村



にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






BLOGGERSへ













医療系ブログのコレクション poche ブログランキング




共通テーマ:健康