So-net無料ブログ作成

母指球と小指球の痛み [傷病と整体]

手の掌側の親指側のふくらみを母指球、小指側のふくらみを小指球と言います。

母指球は、短母指外転筋短母指屈筋母指対立筋母指内転筋の4つの筋肉の
総称です。

小指球は、小指外転筋小指対立筋短小指屈筋 の3つの筋肉の総称です。


赤字で書いた筋肉は、手のアーチの形成に関与し、モノを掴む、握る動きを担います


これらの筋肉が弛緩すると、モノを握る筋出力が大きくなり、
手のアーチが大きくなります

手のアーチの大きくなる事の多い利き手側は、伸筋・外転筋が緊張します。
その為、屈筋の筋出力が働き過ぎる事で、
母指球や小指球の痛みが発生し、指を開けたり伸ばす動作がし難くなります
又、中指や薬指のばね指もよく発生します。

図1.png

モノを握る作業やパソコンのマウス操作などで、右手を酷使する人に多いです
これらの人は、左右の手のアーチバランスに狂いが起こっています。

2マウス操作 - コピー.jpg

写真のように、マウスを使わないパソコン操作でも、利き手と支え手では、
アーチバランス、筋出力バランスが異なる のがよくわかりますね。

屈筋の筋出力が大きく働く利き手側には、ばね指が多くみられ、
外転筋を含む伸筋の筋出力が大きく働く支え手側は、
手首の親指側の腱鞘炎が起こり易くなります。

図2.jpg


この場合、左右のアーチバランスを調整する と言うよりは、
手の屈筋と伸筋のアンバランスを整え
手指の屈曲と伸展の筋出力バランスを整える必要があります


◎先の8/21の大阪鍼灸マッサージ協同組合学術講習会の私の講習会に
ご出席下さいました とある先生より次のようなメールをいただきました。

「子育て中の主婦の方ですが右手拇指付近の腱鞘炎で来られましたが、
手三里の弾きでかなり楽になって帰られました。ありがとうございました。」

こういう話は、励みになりうれしいですね[右斜め上]


セルフのアーチ調整法、セルフ腱はじき法は、私の著書にやり方が載っています

『指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ』
私の著書に詳しく書いております。
ぜひ、ご一読ください。


タイトルをクリックしていただくと、アマゾンページに飛びます!

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福冨 章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき
当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル
「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。

タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓









当院の〈アーチバランス整体〉〈腱賦活術〉は、健康保険の対象外となっております。




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕

当院ホームページ https://ma35.net/ 



masagogaikan.jpg 
  



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村



にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






BLOGGERSへ













医療系ブログのコレクション poche ブログランキング




共通テーマ:健康