So-net無料ブログ作成

ー肩が挙がるから四十肩・五十肩ではないーと誤解されている方、けっこう多いです! [傷病と整体]

肩を動かすと痛い人に、痛み場所や痛みの起こる動作を問診して、
所謂 四十肩、五十肩ですね」と言うと、
「でも私肩は動くよ!ほら こんなに挙がるし」と目の前で挙げて見せてくれる
- これ けっこう よくある光景ですね。

四十肩・五十肩で手を前から上げるのは、相当悪化した状態の人は別として
結構できるものなんです。
ところが、横に上げたり、後ろに上げるのは痛くて出来ない場合が多いのです。

スーツや被り物のシャツを脱ぎ期するのは辛くないですか?」と尋ねると、
「そう、この頃袖を通したり、脱ぐ動作ができなくて一苦労!」
という返事が返ってきます。

そう、着替えの動作こそが、肩関節の外転、外旋という四十肩・五十肩の人が
支障を来すという動きなのです。
この症状が出てきたら、少しでも早く施術を受けましょう
自分で運動法をしたりして我慢していると、本当に動かなくなり、
夜も痛くて眠れなくなりますよ。

症状が出ている側の肩関節は、肩の巻き込み といって前内側に歪むのが特徴です。
床に仰向けに寝ると、患側の肩が浮いている場合肩の巻き込みによる現象です。

二の腕と肩甲骨が前内側に捻れると、後外方に捻る動作がし辛くなる
のです。

四十肩・五十肩の痛みの初期は、肩関節の前側の痙攣による痛み が
起こる事が多く、肩が前内に巻き込むので、肩の外側や後ろの腱
絶えず引き伸ばして痙攣を起こしてきます。

江戸時代の按摩術の秘術、腱を弾いて痙攣を解く「解釈の術」を使い、
腕の付け根の腱の痙攣を緩めると共に、肩の巻き込みを開かせる のが
四十肩・五十肩の施術の秘訣です。

詳細は、
『指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ』
私の著書に詳しく書いております。
ぜひ、ご一読ください。


タイトルをクリックしていただくと、アマゾンページに飛びます!

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福冨 章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき
当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル
「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。

タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓









当院の〈アーチバランス整体〉〈腱賦活術〉は、健康保険の対象外となっております。




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕

当院ホームページ https://ma35.net/ 



masagogaikan.jpg 
  



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村



にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






BLOGGERSへ













医療系ブログのコレクション poche ブログランキング




共通テーマ:健康