So-net無料ブログ作成

腰痛・関節痛対策=運動する事・筋力をつける事 と言う考えの危険性 [健康一般]

腰痛・膝の痛みの対策や予防としては、運動する事、筋力をつける
と言う言葉が まず言われます。
雑誌でも書かれ、テレビでも医学博士と言う肩書きの方が言われるので
正しい事として脳にインプットされています。

しかし、この場合の運動とは 適度な運動であり、
殆んどの場合は 適度と言うレベルを越えています。

そもそも、筋力をつける為には、
『一旦 筋線維を傷めつけて 筋線維を太くしなければならない』
と、言われる様に、傷めた関節のケアとしては向いておりません。

私達は、自分で体を良くしようとした場合、
歩行を例にとっても 〝早く歩く 長く歩く〟 のが良い
と いつしか頭に刷り込まれている様です。

ストレッチも、
関節の動きを超える迄しっかり伸ばすと緩んで柔らかくなる、
関節が動き難くなった時に動かさないと関節は硬くなる、
マッサージも痛いくらい強くするとよく効く 
等 間違った知識が いつしか常識の様に語られているのです。

本当に効果的な 適度な運動や刺激とは 
筋肉・関節に負担が掛からない、痛みを伴わないものなのです。
ところが、どういう訳か、状態の悪い人ほど、
過度な運動や刺激をしたがるものなのです。


体の歪みも 筋力の低下という考えが根強くあります。
歪みは、緊張し過ぎている筋肉と 緩み過ぎている筋肉の 
アンバランスにより起ります。
緩み過ぎている筋は 筋肉に力が無い訳ですが、
筋力が無いとは異なり、筋肉が伸びて力が無くなっている為であり、
筋肉の長さを縮める・締める刺激を入れると 力がついてきます
逆に、縮んでいる筋肉や、過度に伸ばされ過ぎて 縮もうとしている筋肉は、
軽くストレッチして筋の長さを長くする刺激を行うと、緩んできます

この場合、強くストレッチしようとすると、筋を伸ばそうとするつもりが、
ゴムを強く引っ張った時の様に、反って縮もうとする力が働いてしまいます。
即ち、適度な刺激・運動が必要な訳です。

この様に、腰や関節をケアするには、筋力をつけるより、
筋肉のバランスをとる事が必要であり、
筋肉の伸縮のコントロールを 呼吸と脳反射を用いて行う 
『バランス整体』が最適の方法であると 考えます。






☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

  -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき 当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。 タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕 当院ホームページ https://ma35.net/ 

masagogaikan.jpg    

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



BLOGGERSへ







共通テーマ:健康