So-net無料ブログ作成

仙骨の 特殊性と重要性 [整体基礎理論]

仙骨は、骨盤の中心にある逆三角形の骨で、
その名の通り 仙なる骨であり、セイクラム=聖なる骨 と言われてきました。

仙骨は、腰椎の一番下の腰椎5番との間で腰仙関節となり、
更に外側の腸骨と仙腸関節を形成し、先端には、尾骨があります。

仙骨はこの様に、周りの全てを骨に囲まれ筋肉を介さず、
骨性結合による関節を形成しております。
その為、筋肉の作用により歪みが起るのでは無く、他の骨に連動する形で
歪みが起ってきます。
即ち、色々な歪みは連動して 仙骨に集約され、仙骨の歪みは、
全身に影響するのです。

又、家に例えると仙骨は、基礎・土台であり、屋台骨である背骨、
屋根である頭蓋骨を支えます。

仙骨が前傾すると 腰椎は過剰前弯となり、
胸椎は後弯となり 踵に重心が移動して
頭が前方にいき、顎を突き出す形になります。

後傾すると、腰椎は後弯 となり、
背骨全体が弧を描く様に丸く曲がり、爪先に重心が移動します。

仙骨には、8つの穴があり、仙骨孔を通る4対の神経を含む5対の仙骨神経
が通っており、仙骨が歪むと、これらの神経に異常をきたします。

又、仙骨は、頭蓋骨と一緒に呼吸により動く事で
脳脊髄液を循環させる働き もあります。
息を吸った時に仙骨尖は前方に移動して、吐いた時に後方に移動し、この運動が
ポンプ作用をする事で、脳脊髄液が脳―脊髄―仙骨を円滑に循環するのです。


腰神経は腰椎横突起の間を通り、仙骨神経は前仙骨孔を通り、脊柱管を出て
結合して腰神経叢と仙骨神経叢からなる腰仙骨神経叢をつくります。
仙骨神経叢は脊髄神経L4からS3の前枝からなり、分岐して、
骨盤・臀部・大腿後面・ふくらはぎ・足部に分布しています。

仙骨神経叢は、梨状筋の前にあり、骨盤の後壁を大坐骨孔に向って
斜めに下っています。

その筋枝は 骨盤・臀部・大腿・下腿及び足の全ての筋を支配し、
皮枝は臀部・大腿後側・下腿及び足・外陰部の皮膚に分布します。

即ち、仙骨神経叢は 臀部・大腿後側やふくらはぎ、足の裏 等の痛みを
感じる知覚神経や筋肉を動かしている運動神経を支配している為、
仙骨神経叢の働きに異常が発生すると、下肢の痛みや痺れ等を
惹き起こしてきます


この他、仙骨は中脳・菱脳と共に副交感神経が分布し、
骨盤内臓を中心とする自律神経系のコントロールを司ります。

この様に、仙骨は体の中で最も重要な骨であり、仙骨の歪みを正すのは、
整体の基本であり、慢性症状と向き合う時に、仙骨の調整なしでは成り立たない  
と言っても過言でないと言えます。

又、この時期、冷えによる腰下肢の痛みには、この仙骨を 
貼るカイロ等で温めると、かなり楽になる ので お勧めです。






☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

  -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき 当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。 タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕 当院ホームページ https://ma35.net/ 

masagogaikan.jpg    

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



BLOGGERSへ