So-net無料ブログ作成

母趾内転筋と母趾外転筋・小趾外転筋のバランス [整体基礎理論]

中足骨の横アーチの低下は、
母趾や小趾の外転筋内転筋のバランスにおいて、
母趾外転筋の緊張内転筋の弛緩、小趾外転筋の緊張によります。

手指の内転・外転は手のひらを上にして 中指を基準にするのに対し、
足趾の外転・内転のは、足底を下にして 基準は第2趾となります。

母趾が第2趾に近付いていくのが母趾の内転で、
離れていくのを母趾の外転と云い、
第3~5趾が第2趾に近付いていくのが内転で、
離れていくのを外転と云います。

同様に、 小趾外転筋が緊張すると小趾は外側を向き、母趾も第2趾と離れる形になる為
指の間が広がり、足は横に広がります

従って、立位に手の安定構造に働く為、重心側の足として適する訳です。
しかし、この中足骨のアーチが潰れて落ち込むと足の裏の指の付け根
に負担が掛り痛みや角質病変を起こし易くなります

又、
アーチによる床からの衝撃を吸収する力が低下する為に、
踝、踵、すね、膝、股関節、仙腸関節などの痛みが発生し易い側となります。

重心側は、 足根骨調整法中足骨骨間を締める操作
にて 広がった指を閉じさせた後、
足底の母指外転筋小趾外転筋〔裏臨泣の外側〕
を緩める調整・母趾内転筋
力をつける調整・腱はじき術を行います。

これにより、 重心側のアーチバランスを整える事が出来、 重心側の症状が緩和されます。 勿論、非重心側に力を付ける調整も行い、バランスを取る事で効果は高まります。


当院における『アーチバランス整体』は、健康保険の対象外となっております。





☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。
応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


  -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき 当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。 タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕 当院ホームページ https://ma35.net/ 

masagogaikan.jpg    

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



BLOGGERSへ







医療系ブログのコレクション poche ブログランキング

nice!(7) 

nice! 7

nice!の受付は締め切りました