So-net無料ブログ作成

外腹斜筋 が関与する歪み [歪みの原因]

外腹斜筋という、深部にある腹筋は、

様々な歪み・症状に関与する 複雑かつ整体するうえで重要な筋肉となります。


外腹斜筋は、第5から12肋骨鼠径靭帯に付着します。

外腹斜筋が緊張すると、緊張側に側屈し、筋緊張側の肋骨が下垂し、
撫で肩になります。


肋骨が下垂すると、肩や首の筋肉が過伸張され、頚・肩コリや肩・上肢の痛み

をひき起こします。

斜角筋症候群も、撫で肩になる側に起り易く

外腹斜筋が関与する傷病の一つです。



又、下垂する胸郭と反対側に回旋が発生し、肋骨下垂側の方は、

前に捻じれて下がる歪みを呈します。


即ち、外腹斜筋は、『アーチバランス療法』 では、〔重心系〕 の歪みに分類され、

この場合の捻じれは、肋骨の下垂の歪みに伴う 重心系の捻じれです


外腹斜筋と垂直な角度に交叉して走行する 内腹斜筋は、

体幹を側屈させる方向と同方向に回旋し、

こちらは、体幹の捻じれに関与する〔捻れ系〕の筋肉に分類されます。


又、外腹斜筋の下部は、鼠径靭帯に移行しており、

鼠径靭帯起因の股関節の痛みにも関与します。


靭帯の中には、大腿四頭筋から移行する 膝蓋靭帯・大腿筋膜張筋

から移行する腸脛靭帯の様なものがあり、これらは

腱と同様な扱いをする、つまり、『腱はじき術』 により、

その拘縮を緩め、捻じれを調整します。


この様に、外腹斜筋は、肋骨の下垂に関わる筋肉で、体幹は勿論、

上肢・下肢問わず、幅広い症状に関与しており、整体をしていくうえで 

キーポイントとなる 筋肉の一つと言えるのです。
    





☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

  -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき 当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。 タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕 当院ホームページ https://ma35.net/ 

masagogaikan.jpg    

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



BLOGGERSへ







共通テーマ:健康