So-net無料ブログ作成

沢田流聞書・鍼灸真髄にみる整体論 [鍼灸と整体]

沢田流とは、大正・昭和に活躍されたお灸の名人:沢田健先生の鍼灸術の流派

であり、弟子の代田文誌先生が師の教えや臨床記録を、十年に亘って筆録された物を、

『澤田流聞書―鍼灸真髄』として出版されています。


今から25年前の学生の頃に購入したこの本は、幾度となく読み返し、表紙がボロボロに

破れていますが、私の治療家としてのバイブルと言っても過言ではない書物なのです。


私は、現在、お灸による治療はもとより、東洋医学に基づいた施術もしていませんが、

この本にはそういうものを超えた体の捉え方、整体論


があるのです。


猫背はどこかが引き攣る為に曲がるのだから、灸をするとだんだん背中が伸びてくる、

下腹に力が入らないと体は曲がるので、力が入る様にしてやれば曲がりは治っていく

と言われています。


そして、驚く事に、後ろに反り過ぎている人にも、お灸をすえると、重心が前に移動した

事が書かれています。


沢田先生は脊柱に手を当て、胸を支えて脊柱をして伸展させる方法をされていた

そうですが、スジが引き攣れたまま矯正すると、反って悪くなるので、

上腹部の巨闕・鳩尾・上かん等のツボへのお灸にて、

腹部の引き攣れを緩ませてから行っておられた様です。

そうすると、楽々と矯正ができると言われています。


又、手首の甲側の中央にある陽池というツボの左側にのみ、好んでお灸をされています。

「左陽池は、下焦を調節の要穴で、ここに灸すると左の腹直筋の引き攣りが緩み、

子宮左屈がなほる」と、記述されています。

理論は東洋医学と生理解剖学と全く異なりますが、

陽池の虚(弛緩)側 =左側の腹直筋が緊張して、恥骨を歪める

というのは 重心系の相関連動 そのものなのです。


その他、背中の曲がりを治すツボとして、『バランス療法』で猫背に関与する肩甲骨の

前傾を改善させる棘上筋のポイントである天髎、肩甲骨の内旋に関わる臑会も、

前屈姿勢を真直ぐにさせるポイントとして挙げておられます。


対症療法を批判されている、沢田先生ですが、この本には他にも、

〇〇に良く効くツボ、〇〇を治すツボなどの表現がたくさん出てきます。


大極療法・全体治療というものを誤解されている治療師がみえますが、

先生の唱えられた大極療法とは、

症状や局所に捉われない、目を向けないというものでなく、

症状の起こっているメカニズムを読み切り、症状の大元を治そうとされたのです

その為、スジや関節のズレによる症状には、筋肉の整復・整骨術も行われていた様です。


東洋医学の理論に基づく鍼灸治療をされている先生が、

整体の考えに見向きをされなかったり、整体を極めた先生が鍼灸を否定されている

事が多い中、核心はひとつであり、

沢田先生は、本当の意味で体を極められていたと思うのです。

ひとつの治療方法に拘らず、鍼でも、テープでも電気でも磁石でも、

効果あるものは何でも 持ち込んで、研究して取り入れ、

患者さんが楽になる事を第一に考える 治療師になりたいものです。





☆2015/12/11 私の初めての著書が出版されます。


応援よろしくお願いします
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!-江戸の秘術から生まれた凄ワザ」
江戸時代の按摩術が、現代人の症状によく効く事を紹介した本です。

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ

  • 作者: 福富章
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


どうぞ 皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

  -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お蔭様にて、腱弾きに続き、筋捩り調整も、オファーを頂き商業出版でき 当院のオリジナル施術法―第2作目 2018年3月29日発売です 新刊タイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」もぜひご一読下さい。 タイトルをクリックして頂けますと、楽天ブックスに飛びます↓




岐阜市 マサゴ整骨院/福富健康院   058-252-3502 〔予約制〕 当院ホームページ https://ma35.net/ 

masagogaikan.jpg    

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



BLOGGERSへ





共通テーマ:健康